花

不思議の国のフランス

カーネーションとサクラの花言葉をフランス語で説明しよう

ダイレクトフランススクールの動画教材「不思議の国のFrance」の第21話の受講メモです。

今回はティファニーとガブリエルがお花屋さんに入り、花を眺めながらつらつらと会話しています。花屋はフランス語で fleuriste フルーリスト です。

前回は花見で、やはり花に関する話をしていました⇒フランス人と日本人の「花の楽しみ方」の違いとは?

今回のスクリプトは短い表現で覚えておくとよさそうなのがいっぱいありましたので、集中的にご紹介しますね。話題は、日本の母の日、花言葉、自分の家(実家)にあった花のこと、花占いなどです。

字幕なし動画がサンプルとして一般公開されていますので貼っておきますね。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒不思議の国のフランス 第21話

日本の母の日は5月の第2日曜日。フランスの母の日は通常5月の最終日曜日です。ただし、Pentecôte(聖霊降臨の主日 ペンテコステ)が同じ日曜日である年は、母の日は6月の第1日曜日に移動します。

関連⇒フランスの母の日の意外な起源

日本では母の日の定番の贈り物はカーネーションですね。フランスでも花を贈ることが多いのですが、カーネーションはどちらかというとお墓にそなえる花なので、これ以外の花を贈ります。

それではスクリプトから使えそうな表現をご紹介します。



きょうから使えるフランス語の日常会話

ブーケ

小さいブーケのほうがすき

ディスプレイされている花を見ながら。

Moi, je préfère un petit bouquet comme ça qu’un gros bouquet énorme.
私は、大きな花束より、こんな小さなブーケが好きだわ。

~より・・・が好き、というときふつう préférer A à B といいますが、この文章ではqueを使っています。

~するといいわね

C’est bien pour poser sur la table.
テーブルの上におくといいわね。

日本の母の日の説明

Et au fait, la fête des mères au japon c’est toujours le deuxième dimanche en mai. Et, généralement, les Japonais offrent des fleurs à leur mère ce jour-là.
日本の母の日は毎年5月の第2日曜日なのよ。ふつう、その日、日本の人は、お母さんに花を贈るのよ。

ここで toujours (いつも)と使っているのは、フランスの母の日が、最初に書いたように日付がずれることがあるからだと思います。

花言葉では花の色も大切

En langage des fleurs, la couleur est importante parce que chaque couleur a une siginification différente.
それから、花言葉では、色が大切なのよ。それぞれの色には違う意味があるから。

母性愛か情熱的な愛を

Les œillets rouges, ça signifie soit l’amour maternel soit l’amour passionnel.
赤いカーネーションは母性愛か、情熱的な愛を意味するの。

soit A soit B AかあるいはBか
La réunion aura lieu soit samedi, soit dimanche.
会合は土曜日か日曜日に開催されるでしょう。

ちょっと調べてみたんだけど

Et, je me suis renseignée en fait un petit peu, pour les fleurs de Sakura et euh…au Japon, ça signifie soit la beauté de l’esprit soit une belle femme, le fait d’être une belle femme.
サクラの花について、ちょっと調べたんだけど、日本では、美しい心、または美しい女性、美しい女性であることを意味するの。

se renseigner 情報を得る
Il faut se renseigner avant d’acheter une maison.
家を買う前にはよく調べるべきだ。

代名動詞なので、スクリプトのように、過去形で使うときは、助動詞はêtre を使います。さらに、me は直接目的語なので、性数一致して、過去分詞のrenseignée に女性をあらわすeがついています(これをしゃべっているのはティファニーです)。

ちなみに、ヨーロッパでは、サクラは la beauté de l’esprit(美しい心) とle fait d’avoir une bonne éducation (教養があること)を意味するそうです。

青紫の花

名前が思い出せない

花を見ながら

Ah, celle-là, je la connais, mais je me rappelle plus du nom.
あ、これ知ってる、でも名前が思い出せない。

je me rappelle plus
否定のneが省略されています。

これ、どの花のことを言っていたのか、動画ではよくわからなかったのですが、celle, la と女性形で受けているので、ティファニーは女性形だということは知っていたようです。

花びらをちぎる

Ça me rappelle, tu sais le jeu qu’on faisait, quand on était enfant là.
Les bracelets ?
Oui, les bracelets ou tout simplement, tu sais, tu tires chaque pétale.
Ah oui, chaque pétale et… Je me demande s’ils font ça au Japon aussi.

これ、子どものころにやっていた遊びを思い出すわ。
ブレスレット作り?
ええ、ブレスレットも作ったけど、ただ、花びらをちぎるの。
ああ、1枚ずつ花びらを…日本でもするのかしら。

tirer chaque pétale  花びらを1枚ずつちぎる

se demander 自分に聞く⇒~なのかしら



Mailleのびん

マイユの空き瓶

このお花屋さんは、花をアソートして、ガラスのびんに入れてディスプレイしています。それをそのままブーケとして買うことができるようです。花瓶としてMailleの空き瓶を使っていたので、ティファニーが、T’as vu ? pot «Maille», quand même, hein.( マイユのびんに入っている)。と言ってました。

Mailleはフランスのマスダードやピクルス、ドレッシングなどのメーカー。1723年創設の老舗です。マイユのマヨネーズはおいしいと評判です。マイユはマーユと書いたほうが近いでしょうか。

Mailleのマスタードのコマーシャルです。

pub Maille Fins Gourmets 2014 [HQ]

このマスタードやマヨネーズのびんを花瓶に使っているのですね。花屋の人が、いつもマイユを食べているとは考えにくいので、雑貨として売っているところがあるのかもしれません。

CMの画面の下に「健康のために1日最低果物と野菜を5つ食べましょう」とテロップが出てきますが、これを表示するのは法律で定められているのでしょうかね?

マイユについてはこちらにも書いています⇒マヨネーズをフランス語でどういう言う?

この続きはこちら⇒「新宿」という街を名詞構文を使ってフランス語で説明してみよう

関連記事もどうぞ:
かわいいフランス語教えます~その16 花言葉【第1回】

フランス語の花の名前のリスト | フランス語

『不思議の国のFrance』の記事をもっと見る方は目次をご利用ください⇒動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次 サンプル動画もつけています。

いかがでしたか?

今回の動画で、ガブリエルはナント出身みたいなことを言っていました。でも数回前のエピソードではヴァケーションは南仏の両親のところに行く、と話しておりました。ナントはフランス北西部のロワール川湖畔の街です。

ナントにある有名なアーケード街⇒パサージュ・ポムレー~入門日記第24回

ナント出身のジャック・ドゥミ⇒ジャック・ドゥミって知ってる?

そのとき、「両親は引っ越しした」とも言っていたので、もとはナントに住んでいたかもしれません。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. パリ

    不思議の国のフランス

    フランス語学習で大切な3つのPとは?

    フランスダイレクトスクールの動画教材、「不思議の国のFrance」の第…

  2. エッフェル塔

    不思議の国のフランス

    『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3

    オンラインのフランス語学校、フランスダイレクトスクールが週に1度配信し…

  3. 東京

    不思議の国のフランス

    東京の人混みに慣れません~フランスダイレクトスクール『不思議の国のFrance』第13話

    フランスダイレクトスクールが毎週配信している、フランス語の動画教材、『…

  4. モンマルトル

    不思議の国のフランス

    直接目的語が動詞の前に来た時に過去分詞が性数一致するルールを説明してみた

    不思議の国のFrance、第57話の受講メモです。最近、フランス語をあ…

  5. kyotographie

    不思議の国のフランス

    フランスで成功したいアーティストへの3つのアドバイスとは?

    『不思議の国のFrance』第27話の受講メモです。フランスで活動した…

  6. フランス

    不思議の国のフランス

    フランス語を習得するには自分を信じて忍耐強く学び続けるしかない

    「不思議の国のFrance」第51話の受講メモ。今回は第50話の続きで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  2. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  4. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  5. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  6. フランス語で知るハロウインの由来。
  7. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  8. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  9. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  10. シャネルを物語る5つの色(後編)

おすすめ記事いろいろ

  1. 12ヶ月の言い方、総復習~フランス語の暦(10)
  2. フランス語の数字【第22回】~20(ヴァン)
  3. 英語になってるフランス語~かわいいフランス語、教えます(65…
  4. 『エール!』La famille Belier (最終回)~…
  5. 天の川イルミネーションを楽しみながら七夕を説明するフランス語…
  6. 「街のクリスマス」・エディット・ピアフ:歌と訳詞
  7. 突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回…
  8. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  9. シャネルは女性の服に革命を起こした:シャネルの物語(3)
  10. 中国で親孝行が法的義務に

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  6. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  8. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. 『タイトルのフランス語』の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP